さっさん部ログ

ゲーム周辺機器のレビューやPC関連の記事がメインのブログです。

【AT9945CM レビュー】カメラ用プラグインパワーマイクで人気のオーディオテクニカAT9945CMが高音質すぎた!

どうもさっさんです^^

今回は僕がYouTube撮影用に購入したオーディオテクニカのカメラ用マイク『AT9945CM』をレビューしていきたいと思います。

 

 

 

1.『AT9945CM』とは?

f:id:sassan9:20181121153848j:plain

AT9945CMは2013年11月15日にオーディオテクニカから発売されたプラグインパワー方式のカメラ用ステレオマイクです。

約12,500円とプラグインパワー方式のカメラ用マイクとしては決して安くありませんが、その音質の良さで非常に人気が高く、発売から数年経過した現在でも使用者はかなり多いです。

YouTubeで人気のカズさんはこのマイクを現在でも使用していますし、以前までは瀬戸弘司さんも使用していました。

  • プラグインパワー方式
  • ショックマウント内蔵
  • 本体後部にローカットスイッチを配置
  • ウインドマフ付属

スペック

製品名 AT9945CM
製品画像
形式 バックエレクとレットコンデンサー型
指向特性 XY方式ステレオ(単一指向性×2)
周波数特性 80~12,000Hz
感度 -42dB(0dB=1V/Pa,1kHz)
インピーダンス 2.3kΩ
電源 プラグインパワー方式
外形寸法 W40×D97×H60mm(ショックマウント含む)
質量 約80g
コード 0.3m
プラグ φ3.5mm金メッキ(L型)
付属品 ウインドマフ
価格(2018.11.21現在Amazon出品価格) 12,420円

 

2.『AT9945CM』開封の儀

▼外箱はこんな感じです。

f:id:sassan9:20181121151614j:plain

▼中身を取り出し並べてみます。

f:id:sassan9:20181121151616p:plain

内容物一覧

  1. AT9945CM 本体
  2. ウインドマフ
  3. 取扱説明書
  4. 保証書

 

▼AT9945本体を詳しく見ていきます。

f:id:sassan9:20181121151617j:plain

▼先端が網目状になっているため見えにくいですが、中にXYマイクがあるのがわかります。

f:id:sassan9:20181121151618j:plain

▼上部にはSTEREOの文字があります。

f:id:sassan9:20181121151619j:plain

▼背面にはローカットスイッチが配置されています。

f:id:sassan9:20181121151620j:plain

▼マイクケーブルは約30cmで、先端は金メッキのL型になっています。

f:id:sassan9:20181121151621j:plain

▼マイク本体部分とロックリングの間にはショックマウントが内蔵されています。

f:id:sassan9:20181121151622j:plain

▼こちらは付属のウインドマフです。

f:id:sassan9:20181121151627j:plain

こうしたカメラ用マイクは簡易的なスポンジタイプのものが付属する製品がほとんどですが、AT9945CMのウインドマフはかなりしっかりしている印象です。


3.Lumix GH5とG8に取り付けてみる

▼それでは実際に僕が使っているカメラに取り付けてみたいと思います。
まずはGH5です。

f:id:sassan9:20181121151623j:plain

f:id:sassan9:20181121151624j:plain

f:id:sassan9:20181121151625j:plain

f:id:sassan9:20181121151626j:plain

▼続いてウインドマフ装着時です。

f:id:sassan9:20181121151628j:plain

f:id:sassan9:20181121151629j:plain

f:id:sassan9:20181121151630j:plain

f:id:sassan9:20181121151631j:plain

▼次にG8に取り付けてみます。

f:id:sassan9:20181121151609j:plain

f:id:sassan9:20181121151610j:plain

f:id:sassan9:20181121151611j:plain

GH5はボディサイズが大きいのでバランスがいいんですが、G8の場合はウインドマフが付いていると少し大きすぎるように見えます。

また、このマイクが悪いわけではありませんが、G8の場合自撮り用にモニターを前面に向けるとマイクケーブルが少しモニターに被ってしまいます。

▼G8自撮り撮影時

f:id:sassan9:20181121151612j:plain

どのマイクを使っても同じことですが、外付けマイクを付けることによってモニターにケーブルが被ることがあるということは覚えておきましょう。

▼また、ウインドマフを取り外した際にマイク本体に抜けた毛が付いてしまうのも注意が必要です。

f:id:sassan9:20181121151613j:plain



4.実際にAT9945CMを使ってみた感想

f:id:sassan9:20181121151632j:plain

YouTubeを初めて何となく「外付けマイクもあった方がいいだろう」という軽い気持ちで買ったAT9945CMでしたが、結果的には大正解だったと思います。

まず音質についてですが、VideoMicroと比べると声は非常にきれいに録ることができます。
ステレオマイクなので場の臨場感もそのまま動画に入るといった感じです。

また、スマホなどとは違ってビデオカメラや一眼カメラでの撮影はオートフォーカス駆動音が録音されてしまったりするんですが、ショックマウントが優秀なのか今のところAT9945CMを使った撮影でオートフォーカス駆動音が入ってしまうということはありません。

本当に高音質な動画を作るのであればファンタム電源で駆動するような本格的なマイクを用意したり、音声を別撮りする方がいいとは思いますが、手軽にある程度高音質な動画を作りたいのであればAT9945CMは最適なマイクだと思います。


今回の記事は以上になります。
お読み頂きありがとうございました^^

 

 

さっさんのTwitter