さっさん部ログ

ゲーム周辺機器のレビューやPC関連の記事がメインのブログです。

【俯瞰撮影 機材紹介】Velbon クランプキットⅡとSLIK スライディングアームⅡの組み合わせで簡単に真上からの撮影が可能になりました。

f:id:sassan9:20181116105825j:plain

どうもさっさんです^^

僕はよくYouTubeの動画で製品レビューをするんですが、デスクの横に三脚を立て、製品を斜めから撮影すると画角がイマイチで、なんとか真上から撮影できないかと考えていました。

そこで色々調べたところ、デスクに取り付けて真上からの俯瞰撮影を可能にするカメラスタンドを見つけたので今回それらをレビューしていきたいと思います。

 

 

 

1.購入した3つの製品

俯瞰撮影を行うにあたり3つの製品を購入しました。

▼購入した製品

f:id:sassan9:20181116105802p:plain

 

  1. Velbon クランプキットⅡ
  2. SLIK スライディングアーム Ⅱ
  3. SLIK 雲台 SBH-150

 

Velbon クランプキットⅡ

▼Velbonから発売されているデスクに取り付けるクランプキットです。

f:id:sassan9:20181116105808j:plain

▼デスクを挟むクランプ部分です。

f:id:sassan9:20181116105807j:plain

45mmまでの厚さに対応しているため、デスクであればまず対応できないものはないと思います。
高さは440mmあります。

▼当たり前ですが先端はカメラネジになっています。

f:id:sassan9:20181116105810j:plain

SLIK スライディングアームⅡ

▼こちらはSLIKから発売されている三脚に固定するタイプのアームです。
f:id:sassan9:20181116105811j:plain

▼長さや角度の調整が可能です。

f:id:sassan9:20181116105812j:plain

f:id:sassan9:20181116105813j:plain

f:id:sassan9:20181116105815j:plain

f:id:sassan9:20181116105816j:plain

▼こちらの先端はカメラネジです。

f:id:sassan9:20181116105817j:plain

SLIK SBH-150 DQ N

▼僕の場合は他の三脚にも使いたかったのでSLIKの水準器付き自由雲台にしました。
f:id:sassan9:20181116105803j:plain

▼クイックシューを取り外すとこんな感じです。

f:id:sassan9:20181116105804j:plain

▼三脚への取付はU1/4、U3/8の両方に対応しています。

f:id:sassan9:20181116105805j:plain



2.それぞれを組み合わせてみた

▼まずVelbon クランプキットⅡにSLIK スライディングアームⅡを取り付けます。
長さはどちらも最大くらいにしました。

f:id:sassan9:20181116105818j:plain

▼SLIK スライディングアームⅡにSLIK SBH-150 DQ Nを取り付けました。

f:id:sassan9:20181116105817j:plain

f:id:sassan9:20181116105819j:plain

これで使用する準備が整いました。
それでは実際に撮影してみたいと思います。


3.組み合わせたアームで撮影してみた

▼クランプでデスクにしっかりと固定します。

f:id:sassan9:20181116105826j:plain

▼PanasonicのLumix G8を取り付けました。
ガッチリと固定されて非常に安定しています。

f:id:sassan9:20181116105823j:plain

▼アームではなく三脚の場合はこんな感じです。

f:id:sassan9:20181116105821j:plain

▼アーム使用時別アングル

f:id:sassan9:20181116105824j:plain

▼三脚使用時別アングル

f:id:sassan9:20181116105822j:plain

▼アームで撮影したiPhoneの箱

f:id:sassan9:20181116105829j:plain

▼三脚で撮影したiPhoneの箱

f:id:sassan9:20181116105828j:plain

真上からと斜め上からでは撮れた写真が全然違いますね。

もちろん斜めからの方がいい場面もあるとは思いますが、僕の場合は真上からの方が適していることが多いため、今後はこのアームが活躍することになりそうです。

撮影終了時はSLIK スライディングアームⅡの角度を変えてやればそれぞれを外さなくても収納が可能です。

▼折り畳み時

f:id:sassan9:20181116105827j:plain

これならそれほど邪魔にならなそうですね。

僕の場合使わないときは物置にしまっておいて、撮影時に引っ張り出してデスクに取り付けて使うことになりそうです。


4.まとめ

この3つを導入したことによって今までの悩みが全て解決されました。

約15,000円ほどかかりましたが、これからの撮影で役立つことを考えれば安いものです。
正直もっと早く買えばよかったと後悔しているくらいです(笑)

僕と同じように俯瞰撮影のためのアームを探している方には本当におすすめですよ。
是非試してみてください。


今回の記事は以上になります。
お読み頂きありがとうございました^^

 

 

さっさんのTwitter