さっさん部ログ

ゲーム周辺機器のレビューやPC関連の記事がメインのブログです。

XIM APEXファームウェアアップデート・正常に動作しない・接続できないなどのトラブル対処法まとめ

f:id:sassan9:20180323164222p:plain
どうもさっさんです^^
先日待望のマウスコンバーター『XIM APEX』が発売されましたね!
僕もxim社の日本代理店である『しまリス堂』様よりご提供頂き、レビューさせて頂きました。

レビュー記事はこちら↓

www.sassanblog.com

 
使用感は予想以上に快適で、僕は毎日使用しているんですが、マウスコンバーター初心者の方などは接続や設定に少し苦戦しているようで、毎日僕のYouTubu動画やTwitterに「接続できないんですがどうすればいいんですか?」「このマークが出ているんですがどうすればいいですか?」など、たくさんのコメントやDMが送られてきています。

そこで、今回はそういったトラブルにどのように対応すればいいのかをまとめていきますので、是非参考にしていただければと思います。






1.XIM APEXがスマホと接続できない

<2018.5.18追記>
XIM APEX本体のファームウェアアップデートファイルが配信され、アップデートを済ませていないとスマホとのBluetoothができなくなりました。

なので使用前にPCと接続してXIM APEX本体のファームウェアアップデートを済ませておく必要があります。

ファームウェアアップデートのやり方はこちら

ファームウェア以外の理由でスマホがXIM APEXとのペアリングに失敗するという方は次の方法を試してください。

①スマホのBluetoothが有効になっているかどうかを確認する。

②XIM APEX Managerがペアリング画面になってから5秒後くらいにXIM APEX本体のボタンを押す。

③他のスマホやタブレットでペアリングできるか確認する。(iOSやandroidのバージョンが古すぎると使用できないことがあるようです)


2.マウスやキーボードを接続しても反応しない その1

PS4のスリムやProに付属している新型デュアルショックをを使用している方(初期型PS4で新型デュアルショックに買い替えた方も含む)はPS4側の設定を変更する必要があります。

①PS4の『設定』を開く

f:id:sassan9:20180317131705p:plain
②『周辺機器』を開く

f:id:sassan9:20180317131706p:plain
③『コントローラー』を開く

f:id:sassan9:20180317131707p:plain
④『通信方法』を開く

f:id:sassan9:20180317131708p:plain
⑤『USBケーブルを使う』に変更する

f:id:sassan9:20180317131709p:plain
以上で設定の変更は完了です。
もしマウスやキーボードが反応しない場合はこの設定になっているかどうか確認してください。
変更されていない場合はXIM APEXが紫色に点滅して使用不能です。

ちなみに初期型のデュアルショックには設定不要です(というかできません)


3.マウスやキーボードを接続しても反応しない その2

『その1』で設定を変更してもマウスやキーボードが反応しない場合は電力供給不足が考えられます。
以下の方法を試してください。

①コントローラーをフル充電する。

②マウスとキーボードのどちらか一方だけを接続した状態で動作するか確認する。

③マウスとキーボードのイルミネーションをオフにする。

④XIM APEXのハブに外付けACアダプタを接続してみる(電力不足で動作しない場合効果あり)

f:id:sassan9:20180323133016j:plain
もし使いそうなACアダプターがあれば試してみるといいです。
持っていなくてもAmazonで1,000円ほどで購入可能です。


⑤他のマウスやキーボードが動作するか試す。(使用しているマウスやキーボード自体に不具合や故障している場合があるため)


上記のことを試せばだいたいは改善するとおもいますが、まれに動作しないキーボードなどもあるようです。


4.アプリ起動後にエラー画面が表示される

f:id:sassan9:20180323133721j:plain
上の画像のエラー表示はコントローラーの充電不足であることを意味します。
XIM APEXにコントローラーを接続すると充電されるようになっているため、一度正常に動作してしまえば基本的には繋ぎっぱなしで大丈夫なんですが、最初の接続にはある程度バッテリー残量が必要になるようなので、コントローラーをフル充電してから使用を開始しましょう。

ちなみに上の英文を訳すとこうなります↓

f:id:sassan9:20180323134024j:plain



5.エキスパートモードへの切り替え方法

XIM APEXはデフォルトでは簡易モードで起動するようになっているため、細かい設定(バリスティックカーブやレスポンスレートなど)を変更することができません。

個人的にはバリスティックカーブはあまり弄らなくてもいいかなって感じですが、レスポンスレートは必ず変更することをおすすめします。

なぜかというと、XIM APEXはxbox oneでは遅延が1ms、PS4では4ms対応ですが、デフォルトではレスポンスレート125Hzで動作(遅延8ms)するようになっており、それだと遅延がxim4と同じであるため、ほとんどXIM APEXを使用するメリットがなくなってしまいます。

それではエキスパートモードへの切り替え方法を解説します。

①画面右上の『点3つ並んだところ』をタップします。

f:id:sassan9:20180323135644p:plain
②『グローバル設定』をタップします。

f:id:sassan9:20180518104051p:plain
③『エキスパート設定を有効化』の左のチェックボックスをタップしてチェックを入れます。

f:id:sassan9:20180518104241p:plain
④現在の反応率(レスポンスレート)がデフォルト125Hzになっているので『右側の矢印』をタップして反応率を上げます。

xbox oneは遅延1ms対応なので1000Hzにします。

PS4は遅延4msなので理論上は250Hzで遅延は最小となりますが、高感度(マウスのわずかな動きも感知するほど)が好きな方は500Hz・1000Hzでもよいです。

しかし、現在PS4で500Hz以上に設定すると逆に遅延が発生してしまったり、高感度すぎてエイムがガクガクしてしまう(ハイセンシの方だと思います)方がいるようなので、基本的にはPS4だと250Hzがいいようです。(僕は1000Hzで使用していますが今のところ不具合なしです)

f:id:sassan9:20180518104433p:plain
反応率を切り替えようとすると下の画面が表示されますが、『OK』をタップで進みます。

f:id:sassan9:20180518104504p:plain
⑤希望の反応率に設定したら画面右下の『保存』をタップします。

f:id:sassan9:20180518104534p:plain
⑥トップ画面に戻ると先ほどと同じ画面が表示されています。これでエキスパートモードでの設定は可能になっていますが、変更した反応率が有効になっていないため再起動する必要があります。

再起動方法はPS4本体からXIM APEXを抜き、もう一度接続するだけです。

再起動前の画面↓

f:id:sassan9:20180323141825p:plain
⑦再起動後、左上に変更した反応率が表示されていれば設定は完了です。

f:id:sassan9:20180323142016p:plain
もし再起動後に反応率が表示されていない場合はもう一度再起動してみたり、『グローバル設定』を開いて設定がどうなっているか確認してください。

もしかしたら『125Hz』になっているかもしれませんので、その場合もう一度設定を変更して『保存』し、再起動してみてください。


6.反応率(レスポンスレート)変更後に画面左上に『!』マークのエラーが表示される

f:id:sassan9:20180323142709j:plain
上の画像のようなマークが表示されているのは、使用しているマウスのレポートレートがXIM APEXの反応率よりも低くなっているからです。

対処法ですが、マウスのレポートレートを上げるかXIM APEXの反応率を下げることで改善します。
個人的にはマウスのレポートレートを上げることをおすすめします。


7.反応率(レスポンスレート)変更後にエイムがガクガクする・遅延を感じる

先ほども記載しましたが、反応率を高く設定すると高感度すぎるあまり、マウスの微妙な動きや手振れまで検知してしまうようになり、動かしたくないときでもエイムが動いてしまうことがあるようです。(特にハイセンシの方)

対処法として、XIM APEXの反応率を低くすることをおすすめします。
PS4は遅延4ms対応(反応率250Hz)なので、基本的に500Hz以上に設定してもそれ以上に遅延が減るわけではありません。

なので反応率を下げて感度を低くしてやることによって、意図しない手振れ等での視点移動を抑えることができます。

また、遅延を感じるという方がいるようですが、今のところ僕の環境では起こっていない現象であるため明確な対処法はわからない状況です。

その場合もとりあえず250Hzに変更してどうなるか様子を見ていただきたいです。


8.XIM APEXを使用中に接続が切れることがある

XIM APEXを使用中、突然マウスやキーボードの接続が切れることがあります。
これはxim4のときから僕も経験していたんですが、USBケーブルが劣化(接触不良)かコントローラーのUSB接続部の劣化が考えられます。

コントローラーを充電しているときは問題なく、一見特に異常がないように思えても、コントローラーの接続には支障をきたしていることがあります。

対処法として以下のことを試してください。

①新しいUSBケーブルに交換する。

②新しいコントローラーでどうなるか試してみる。

③上記2つどちらを試しても改善しない場合、購入店に相談してみる。

xim4のときからうまく接続できなかったり、すぐに接続が途切れてしまったりして「xim4故障したんで交換してください」という方がいるようなのですが、実際はケーブルやコントローラーの不良がほとんどらしいです。


9.ナビコンやジョイコンの接続がうまくいかない

ジョイコンの接続方法f:id:sassan9:20180312160002j:plain
①ジョイコン本体上部の黒いボタンを押し、ペアリングモードにします。
(ペアリングモードになるとランプが左右に移動を繰り返しま)

②XIM APEX本体のボタンを押します。

ジョイコン接続の手順は以上です。
僕の場合は本当に簡単で、一瞬で接続が完了してしまったんですが、うまくいかない方はXIM APEXを再起動(PS4からXIM APEXを抜き差し)したり、PS4自体の再起動も試してみてください。

 

ナビコン無線接続方法(無線)

f:id:sassan9:20180315085439j:plain
①ナビコンをUSBケーブル(mini USB Mini−B)でXIM APEXのハブに接続します。
このときハブにつながっているのはコントローラーとナビコンだけにしてください。
(有線で接続する方はUSBケーブルで接続するだけで使用可能です)

②ナビコンからUSBケーブルを抜きます。
ナビコン下部についてあるランプが赤く点滅し、スティック操作できる状態になっていれば無線での接続が完了です。
次回からはナビコンの『PSボタン』を押すと無線で使用できます。

うまくいかない場合は、画像の『ナビコンリセットボタン』を押し、できるかどうか試してください。
それでもダメな場合はXIM APEXの再起動やPS4本体の再起動を試してみてください。

ナビコンの充電もお忘れなく。



10.XIM APEXのファームウェアアップデート・初期化・バックアップ方法を解説

新しいファームウェアが配信され、使用前に必ずアップデートを行わなければならなくなりました。

また、うまく動作せず初期化したいという場面が来るかもしれませんので、その方法を解説します。
(ファームウェアアップデートや初期化にはPCが必須です)

いずれもxim社公式サイトからファームウェアツールをダウンロードする必要があります。

→ここをクリックでダウンロードページへ←

リンクをクリックすると下の画面になります。
赤い四角で囲んだところをクリックします。
(画像よりも新しいファームウェアが配信されていればそちらをクリック)

f:id:sassan9:20180411130310p:plain
自分のPCに合わせてツールのダウンロードをしてください。
僕はWindows PCなので上のツールをダウンロードしました。

f:id:sassan9:20180411130345p:plain
PCにXIM APEXを接続します。
ファームウェアツールを使用する場合は、XIM APEX本体のボタンを押しながらPCに接続してください。

接続後、XIM APEXのランプが青く光れば接続成功です。 
(画像ではキーボードのUSBハブに接続していますが、普通にPC本体のUSBに接続してOKです)

f:id:sassan9:20180323160119j:plain
接続が完了したら先ほどダウンロードしたツールを開きます。
用途に合わせて必要なボタンを押してください。
f:id:sassan9:20180323155631p:plain
ファームウェアアップデートや初期化を行う前にはバックアップを取っておくことをおすすめします。

アップデートをせずにスマホとの接続を試みると、下の画面から進まずエラーになりました。

f:id:sassan9:20180411130814p:plain
f:id:sassan9:20180411130822p:plain

アップデート後に起動するとすんなり接続され、言語は自動的に日本語になっており、初期バージョンよりも使いやすくなっていました。

f:id:sassan9:20180411131035p:plain
f:id:sassan9:20180411131041p:plain

うーんアプリが勝手にアップデートされてXIM APEXと接続できなくなってしまうのは問題ですね...
しかし現状では回避しようがなさそうなので、PCを持っていない方で接続できなくなってしまって場合は漫画喫茶などのPCを使ったり、友達にPCを使わせてもらいファームウェアアップデートを行うことをおすすめします


今回の記事は以上になります。
お読みいただきありがとうございました^^

さっさんのTwitter